倦まず弛まず

目指せプチ科学。馬鹿は馬鹿なりに考え続けるのだ!!
カタツムリはきゅうりがお好き2
カタツムリはきゅうりにありつくと、食べることに無我夢中になります。お腹いっぱいになって眠くなるまでは、食べ続けます。よほどのことがない限り、きゅうりを手放しません。手がないのに手放さないとはこれいかに。
とにかく、たとえ他人に迷惑をかけても手放しません。
e0024903_13394588.jpg
上に乗られた方はかなり重いと思います。振り払おうとしているのか、どんどん上へ登ります。「なんなんだよぉ、こいつはよぉ」とでも言いたげです。でも、肝心の乗っかっている方はきゅうりに夢中なので、自分の足場が良くないことを全く気にしていないようです。重みでよじれちゃってる体が痛々しいです。それにしても意外と力持ちなんですね。


e0024903_13444573.jpg
もっともっと登ります。いくら登っても問題の解決には程遠いようです。
結局、この状況は乗っかっている方がきゅうりを取り落とすことで解消されました。きゅうりを追いかけて降りて行ったからです。

…心底好きなんだね、きゅうりのこと。
[PR]
# by panaco | 2005-07-18 13:56 | 生き物
カタツムリはきゅうりがお好き
カタツムリは、「きゅうりほどうまいもんはない」と思っています。(間違いありません)

きゅうりの皮からこそげて食うヤツと、内側にもぐり込んで内側をくり抜くように食うヤツがいます。
カタツムリは、「くぅ〜〜、外側もうまいが内側もこたえられんな〜」と思っています。(間違いありません)e0024903_1584362.jpg

時には内側に頭をつっこんだまま眠ってしまいます。
そんなときは、やっぱり夢の中でもきゅうりを食べています。天国です。(間違いありません)

写真はヒダリマキマイマイです。カラーリングはアメリカマイマイに似ていますが、左巻きなのでヒダリマキマイマイです。アメリカマイマイは右巻きです。巻き型を決定する遺伝子はひとつだけだと80年もの間考えられて来たようですが、近頃その説は覆されつつあるようで(学振のページ)。とにかく、アメリカマイマイが突然変異で左巻きになった可能性よりもヒダリマキマイマイのカラーリングに変異があった、というほうがありそうな話なのでこの子はヒダリマキマイマイです。間違いありません。残念ながらこの子は昨日本当の天国へ行ってしまいました。合掌。
[PR]
# by panaco | 2005-07-16 15:10 | 生き物
ブログを始めるにあたって
リンクとトラックバックについて:
基本的にリンクフリーですが、アフィリエイト色の強いブログや記事に関係のないブログからのトラックバックは勝手に切る可能性が高いです。
トラックバックをつける際には、記事の内容について感想を頂けると嬉しいです。

ぱなこの名前の由来:
小学生の頃、
「やりっぱなしのぱなこちゃん、出しっぱなしのぱなこちゃん」
と、揶揄されておりました。そりゃーもう、部屋の汚いことと言ったら。布団は怒られるまで敷きっぱなし、教科書、本、プリント類、衣類、ティッシュなどが足の踏み場もなく散乱して、布団を上げるとようやく足の踏み場が現れる、って感じで。衣類やプリント類の下には何が落ちているやら分かりませんから、迂闊に足を置くことは出来ません。隙間を見つけて足先で隙間を広げながら歩くか、教科書を踏んづけて歩くかです。教科書は柔軟性が低いので、その下に何か壊れるようなものがあれば不自然に傾いて一目で分かるのです。つまり、飛び石がわりってことですね。そんな有様で掃除なんて出来ようはずもありません。一ヶ月やそこら掃除した覚えがないなんて普通のことだったので、小学3年生くらいのときにハウスダストのアレルギー性鼻炎を発症し、以来小学校生活はマイ・ティッシュ箱を小脇に抱えてのものとなりました。

しかーし。
そんなぱなこも、成長するに従って乱雑な環境がいかに元々高くない己の能力を引き下げているかを理解し始め、今では(比較的)合理的に整頓された環境を作り出すに至ったのだとさ。めでたしめでたし。

いや、実はありますよ、今でも。ご飯をわっせわっせと作って、わ〜できた、お箸もお皿も全部出揃って準備万端、さあ食べよう。と思いながら台所にふと目をやると、戸棚の扉と引き出しが全部開いてるの。どうして開けっ放すのかということについてはどうせまた開けるのに閉めるのが嫌だとか引き出しが木でできていて出し入れするたびに木屑が落ちるのが嫌だとか引き出しが出ている時に引き出しの下の扉が開いているとその上に引き出しが丁度乗っかって具合がいいだとか開け閉めするたびにバタンバタン音がするのが嫌だとかいろいろありますが、要は「めんどうくさい」んです。扉の開けしめすら面倒がるようなぱなこが整理整頓できるようになったわけは、、、おいしそうなご飯の前に落ち着けたおしりを「よっこらせ」と持ち上げて、ばたんばたん、がー、と扉と引き出しを閉めてから晴れて食事を開始する、ということを厭わないことにしたから、でしょうかねぇ。だってぱなこがぱなこのまま年をとると、ぱなばばあになってこれは前から見ても横から見ても立派な「おばはん」と呼ばれる生き物ではないですか(もしやそれ以下)。わたくし、おばはんにはならないと固く決心をしておるのです。えいえいおー。

なんだか「ぱなこ」の由来の話を書いていたら話が長くなって来て、こんなしょうもないことを書いていていいのか自分、という気持ちが芽生え始めたのでもうやめよう。要はそう呼ばれていたことがあるって話です。

ちょっとだけ所信表明。
ニュースを横流しして「こんなこと書いてあるけどどうなんだかねー」みたいなブログはつまんないので、そんなのにならないように気をつける。
自分の抱えている問題や、私的に付き合いのある個人に対する不平不満を書かない。他人に自分の問題解決を頼もうとは思わないしあとで読み返すと気分悪いのがぶり返すから。
なにかしら自分と他人様の役に立つような、読み返しに耐えるようなブログを目指して、ブログ始めたものの放りっぱなしのぱなこにならぬよう、気をつけたいと思います。
[PR]
# by panaco | 2005-07-13 15:55 | はじめに


by panaco
プロフィールを見る
画像一覧
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
非exciteリンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧