倦まず弛まず

目指せプチ科学。馬鹿は馬鹿なりに考え続けるのだ!!
<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
トンボとサカナ追加
e0024903_14173011.jpg
e0024903_14174460.jpg

これでアーモンドの鉢が6個になりました。
あと2つ芽が出そうなんですけど…もういらない…


しかし、なんですな、今改めて見てみるとこのトンボは、「マル描いてちょん」の猫型ロボットの顔に似てるね。
そう思ってみると、もうそのようにしか見えないよ困ったな。
どうしてこれがトンボだなんて思ったんだろう??
[PR]
by panaco | 2010-06-15 14:25 | その他
植木鉢
久々にちょっとクリエイティブなことをしたので、記事にしてみます。

毎年、3月の連休に神戸でアーモンドフェスティバルが開催されます。
ちょっと変わった食べ物が色々売られています。
特に砂糖や添加物無しのアーモンドペーストとピーナツペーストはここでしか手に入らないので、毎年楽しみにして行くのです。

そのアーモンドフェスティバルの入り口で、アーモンドのタネ(つまり殻付き生アーモンド)を無料で配っています。
貰ったタネをエリンギのパックに撒いてしばらく経つと、無事に発芽してきました…続々と。
e0024903_141308.jpg

どうしょう!!?
うちはベランダしか無いので、立派な木になるアーモンドをたくさん育てるわけにいかないぞ。
ひとつの鉢にたくさん植えればひとつしか生き残らないのは必定。
かといって間引くのも不憫だ。
なにより将来無事に花が咲いた暁には、株が複数無いと受粉ができない=アーモンドを収穫できない。
しょうがない、君ら盆栽になってくれ。
いつか広い家に引っ越したら、大きくしてやってもいいぞ。


というわけでホームセンターへ植木鉢を見に参りました。
ところが適当な鉢が無い!!
ベランダの手すりに引っ掛けたいので、軽くて小さいのがいいんですが、一番軽くても普通の素焼きの鉢。
むむー、素焼きだと、それでも重いし意外と高価だしすぐ土が乾いて困っちゃうよな〜。
ふと思いついて100円ショップの園芸コーナーに行ってみると、今度は小ささと引っ掛けられる形を兼ね備えた鉢が無い。
鉢じゃなくても良いやと思って見て回ったら、ありました。
e0024903_14175794.jpg

シンプルで美しい形、使わない時には重ねられて、5個6個と買ってもお財布に優しい。
そして手すりに引っ掛ける為の穴まで開いている。
よし、これの底に穴をあけて植木鉢に仕立てましょう。
e0024903_1422810.jpge0024903_14223297.jpg
















底にキリでふたつほど穴を空け、その穴の内側からカッターナイフをつっこんでぐりぐりしてバリを取り(取らないと穴が塞がってしまう)、一応できあがり。

真っ白はちょっとつまらないのでアクリル絵の具で絵を描くことに。
まず思いついたのは太陽のデザイン。
はじめは太陽の絵に「Soleil」とか描こうと思ったんですが、「フランス人かよ自分」というココロの声が聞こえたので日本語にしました。
1歳の息子が早く読めるようになって喜んでくれると良いなという期待を込めてひらがなで。
つまようじを筆にして描きました。
e0024903_15172419.jpg



続いて自転車、てんとうむし、ヨット。
e0024903_15174419.jpge0024903_15181210.jpge0024903_15183396.jpg

描いたは良いが、剥がれやすい!
まぁ、取れちゃったらまた描けばいいや。
出来上がった鉢に鉢底石と「花と野菜の土」を入れて、アーモンドを植えます。
それを針金を曲げて手すりに巻き付けて作ったフックにひっかけてできあがり。
e0024903_1692880.jpg

てんとうむしに植わっているアーモンドがくったりしていますが、これは植え替えの時に根っこがちょん切れちゃったからです。
今はなんとか持ち直して元気に成長中です。
いつか花が咲いて実が成ればいいなぁ。
生アーモンドはオーストラリアの農場で食べましたけど、ほのかに甘くてちょっとおいしいんですよ。産地でないと食べられないもんね。
まだ別の芽が出てるので、いくつか鉢を作り足す必要がありそうです。
[PR]
by panaco | 2010-06-07 16:20 | その他


by panaco
プロフィールを見る
画像一覧
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
非exciteリンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧