倦まず弛まず

目指せプチ科学。馬鹿は馬鹿なりに考え続けるのだ!!
<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
関西にはあるが東京では食べられないもの
以前にも書いた通り、ぱなこは東京と大阪と神戸におうちがあります。
育ちは関西なのですが、東京で「あ、あれ食べたい」とふと思い出してスーパーへ買い出しに行くと、売られていないものがいくつかあります。

ひとつ目は塊の牛スジ。
ふたつ目はポールウィンナー。

そりゃあまぁ、切らしてることもあるわな。
例えばショウガなんてどこのスーパーにも売ってるものだけど、買おうと思ったら無いこともありますわな。

と思って気長に構えていたものの、どうもどこのスーパーでも仕入れる予定がまったくないらしい、ということに気付いた×年目。
そんなに長くかかったのはずっと東京に住んでいるわけじゃないことと、ずっと食べたいと思い続けているわけじゃないことが原因です。

牛筋は、煮込み料理に好適です。
おでんとか、カレーとか、シチューとか、ポトフとか。
よく煮込まないとガシガシっつうかグニグニっつうか、とてもじゃないが噛み切れない代物ですが、よく煮ればプリプリっつうかトロトロっつうか、んも〜愛しのコラーゲン♪ってかんじ。
時々串に刺して売られていますが、あんなのじゃ量が足りません。
もっとがっつり食べたいのです。

「スーパーにはなくても肉屋にはあるはずだっ!」
と思い至ったぱなこは近所の松坂牛肉店を訪れました。
まともに松坂牛を購入する度胸がなくとも、すじ肉ならかなりお手軽なはず。

店頭を覗いても案の定並んでいません。
「牛筋ありますか?」と尋ねると、店員さんは若干怪訝そうな顔をしながらも奥から出してきてくれました。
お値段なんと150¥/300g。
明らかに売り物じゃない値段です。

さて、「グラム50円のまつざかぎゅ〜♪」と、うほうほ家に帰って調理すべく包みを開けると。
なんと、牛筋が輝くばかりに白いではありませんか!!
いえね、生の牛筋というものは、白いものでございます、ハイ。
しかしながら、牛筋における楽しみのひとつはスジ周辺に付随する肉だったりするわけで。
その肉にサシが入っていたりすると”してやったり!”な気分になるわけで。
この時は逆に”してやられたり(-_-#)”な気分になったのでした。
きっと、東京ではスジは売り物でないからこそ隅々から肉をこそげとったのでしょう。
逆にスジを売る地域ではスジに残された肉に魅了される貧乏人の心をよくわきまえているから肉を残すのでしょう。
肉がついていなくてもおいしく頂きましたが、おかげさまでぱなこの夢は件の松坂牛肉店でステーキ肉を購入することになってしまいました。


ふたつめのポールウィンナーというのは、フィルムに包まれた牛、豚、羊、魚の各種の肉からなるウィンナーで、伊藤ハムの商品です。e0024903_14533041.jpg


根強いファンがいるらしく、ポールウィンナーオフィシャルサイトの掲示板には、ポールウィンナー好きによって大量の書き込みがなされています。
関西では大概のスーパーで普通に売っています。
はっきり言って、どうっちゅうことのない食べ物です。
どちらかといえばジャンクフードかと思われます。
例えば同じ伊藤ハムの商品、アルトバイエルンと比べたら、明らかにアルトバイエルンの方がおいしいです。
しかし!!チープなうまさというか、子供の頃から食べ慣れた味というか、独特の風味があって独特のおいしさを醸し出しているんですよね〜これが。


たまに食べたくなるのですが、東京には売っていません。
正確に言えば、東京ではごく限られたスーパーとかデパートにしか売っていません(オフィシャルサイト参照)。
ポールウィンナー買いにデパートぉ?冗談きついぜ。
今回ちゃんと調べるまでポールウィンナーは魚肉ソーセージの一種だと思っていたので、近所のスーパーにおいてある魚肉ソーセージを代わりに買ってみたりもしましたが、ちがーう!!全然違う。
あ〜間違えた、と思いながら食べる魚肉ソーセージの鬱陶しいこと。お魚さんには申し訳ないことであります。

幸いあまりデリケートな食品ではないので、先日大阪からはるばる持って帰ってきました。
これでしばらくは安泰です。
小腹が空いた時にいいのよ。
お菓子ひとかけだと足りないような時とか、忙しい朝に。
手も食器も汚さず食べられるしね。
フィルムのむきやすさには歴史があって、やむをえずはさみを使うはめに陥ったこともありますが、今はおおよそ最終型であろうと思われる程むきやすくなっています。
これからもがんばれポールウィンナー。
たまにではありますが、応援したいと思います。


エキサイトブログに同じくポールウィンナーについての記事を発見しました。
ポールウィンナー@My Favorit Things
日々の生活を楽しんでおられるママさんのブログです。
[PR]
by panaco | 2006-12-15 15:05 | 食べ物
秘密の不安
内緒ごとを抱えていると、それがバレたときのことを考えて同時に不安も抱えることになります。
バレても困らないことならば内緒にする必要もありません。
「バレたらどうしよう…」その不安が挙動不審となって現れて、秘密がばれちゃうこともあったりするでしょう。

隠してるわけじゃないけどみんなに知られていないことっていうのも微妙に不安なものです。
自分がそれをどれくらい意識しているかにもよりますが、バレたらどうしよう?いっそ積極的に告白した方がいいか?とか考えたりなんかして。



…知ってるんだろ、あたいがホントはどんな女なのかっ



てなわけで、もしかぱなこにお心当たりのある方は積極的に聞いてみてくださいまし。
「ねーねーもしかしてさ、『倦まず弛まず』ってブログ書いてない?」

ぱなこの方から「ブログ書いてるんだ♪」て表明するのは大変難しいことです。
だって、”読ませる”自信ないもん。
知られてまずいことは書いてませんから、知り合いに見られても平気なんですけど、「知り合いが見た」ってわかっちゃうと評価を求めたくもなるし。
おもんない、とか言われた日にゃぁ
グサ
流血の大惨事です。
おもんないて言うなー!!!

あああ
こんなことではいけません。
心頭滅却してクールビューティーをば目指しましょう。
まずはお礼です。
「あら、見てくださったんですね、ありがとう!」
次はストレートに問うか?
「ご感想をいただけますか?」
それとも下手にでるか。
「おもんないやろー、どうすれば面白くなると思う?」
あんまり意味ないかな。


いいや、面倒くさくなった。
笑わば笑え。ぱなこです。
[PR]
by panaco | 2006-12-08 15:34 | 適応的に生きよう!(恋愛など)


by panaco
プロフィールを見る
画像一覧
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
非exciteリンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧