倦まず弛まず

目指せプチ科学。馬鹿は馬鹿なりに考え続けるのだ!!
<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
しばらく更新をお休みします
間際王ぱなこは事情により、心理的なゆとりを無くしましたので、表題の通りしばらく更新をお休みします。

9月後半には復活できるかと思いますので、またその頃にお越し下さいませ。
[PR]
by panaco | 2006-08-14 13:13 | その他
台風と風の向き(とっても簡単な原理です)
台風がたくさん来る時期になりましたね。
7号め、どこに上陸するのかちゃっちゃと決めろよな。

三十路に至るまで、台風が来るたびに分からなくなるのが、台風がもたらす風の向きと強さです。
台風のどっち側が大変なんだっけ?
台風の北側ではどっち向きの風が吹くんだっけ?

そしてとりあえずネットなどで調べて上記の疑問を解決すると、続いて発生するのが台風の巻き方に関する疑問です。
台風は反時計回り、つまり左巻きなのですが、なぜ左巻きなのか分からなくなるのです。
コリオリの力とか言って説明した気になられても、ん〜〜〜わからんなぁ、まぁいっか。
だいたい、奴ら賢い人々は馬鹿がどこまで馬鹿なのかを知らないから説明の仕方が下手なのです。

そして。
今日この日、ぱなこは上記の疑問に対して馬鹿なりプチ科学として答えを見つけましたので、お披露目したいと思います。
いやぁ、簡単じゃん。
始めからこのように説明してくれれば分かるのに、コリオリとか言うから。

(追記:コリオリの力についても記事を書きました。台風の原理(右巻き左巻き、コリオリの力の解説)も合わせてお読みください。)


1、台風の風向&風力
e0024903_1821837.gif

黒い太い矢印は台風の風です。中心に向かって反時計回りに吹き込んでいます。
吹き込むのは台風の気圧が低いからです。水風船をぎゅーと押すと、押してないところがふくらみます。それと同じで、圧力が低いところへはいろんなものが集まります。
そして、赤い細い矢印は台風を吹き流す風です。大体台風は、上陸前は北上して来るので南風です。

<台風の北側では>
赤い矢印と黒い矢印が向かい合っています。
ですから、風同士がぶつかり合ってお互いの勢いを弱めます。やんのか、コラ。
また、風向きがくるくる変わったり、中心が近づくと急に風が強くなったりするかもしれません。

<台風の東側では>
赤い矢印と黒い矢印がほぼ同じ方向を向いています。
灰色の地域は一貫して風が最も強いと思われます。
やっぱり仲良し同士が強いのです。2本の矢ってかんじ?

<台風の南側と西側では>
行っちまった台風を追いかける風が吹きます。

そして台風一過。一家じゃないよ。


2、台風が反時計回りの理由
さて、難関だった疑問です。
みなさん、地球が回っていることは先刻ご承知ですね。
では、北極&南極から近いよりも遠い方が早く動いている、というトコもいいでしょうか。
階段の踊り場で友達と並んで歩いている時、内側の友達よりも外側のあなたの方が早くたくさん歩かないと並んでいられないのと同じことです。
e0024903_18205561.gif

上図のうち、グレーの線で書いた左側から説明します。
Lは低気圧、NAは北側の空気、SAは南側の空気です。
初め、NASAもまっすぐにLに向かって移動するのですが、さっき書いたように赤道に近いほど早く動いているので、だんだんと黒い線で書いた右図のような位置関係になってしまいます。
それでもLに向かって吹き込むことはやめませんから、「おおっと」と風向きがいがんでしまうのです。
これが続くと、そして引き込む側の低気圧の気圧がとっても低いと、反時計回りに風が吹き込む台風ができあがるわけですね。

わかったわかった。


追記
一目瞭然ですが、ここに載せた絵はものすごくテキトーです。
絵を信じすぎないようにね。

追記(2)2007.8.6
気圧が低いところに風が集まる件について
台風の中心に近づくにつれて気圧がぐんぐん下がり、暖かい海面から上昇を始めた空気の中では水蒸気が冷やされて凝結を始め、どんどん雲が厚くなっていく、というわけですな。
衛星写真でみると台風の渦状の雲は、雲のかけらをまき散らしているように見えることもありますが、あれは中心に向かってだんだん濃くなっていく図なのです。

追記(3)2007.9.8
この記事では、「台風の巻きにコリオリの力は関係ない」みたいな主張をしましたが、ぱなこよりも物理や気象に詳しい人が作ったとみられるサイトでも台風の巻き=コリオリの力と書いてある(しかしみんな“なぜ”コリオリの力が台風の巻きに関わっているのかは書いていない)ので、トマト君に疑問をぶつけてみたところ、新たな理解が得られました(多分)。
9月中旬になったら「台風の巻きとコリオリの力」について詳しく解説記事を書こうと思います。
どうやら、この記事で「おおっと」と書いた、そこのところにコリオリの力は関係しているようです。乞うご期待!!

追記(4)2007.9.17
コリオリの力について記事を書きました。こちら台風の原理(右巻き左巻き、コリオリの力の解説)もよろしく。
[PR]
by panaco | 2006-08-08 18:23 | 自然現象・生活環境


by panaco
プロフィールを見る
画像一覧
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
非exciteリンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧