倦まず弛まず

目指せプチ科学。馬鹿は馬鹿なりに考え続けるのだ!!
<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
○○の果物ポポー
久々にやっちょん広場の話でも。
ぱなこは冬の間東京にいてやっちょん広場へは行かないので、以下は夏の出来事です。夏の終わり頃。

e0024903_18353688.jpgある日、やっちょん広場をぶらぶら歩いていると見慣れないものが陳列されているのが目につきました。
その名も
「南国の果物 ポポー」
いかにも、ワードの飾り文字で書いてプリントアウトして貼付けたやろおっちゃん、てな風情です。
色は黄色、形と大きさはあけびによく似ています。
そして甘い匂いが漂っています。
お値段は100円。

しかしなんなんでしょう、これは。
手に取って裏を返してみても、上面にホットカラー(暖色)で「南国の果物 ポポー」と書いてある以外は何の能書きもありません。
南国の果物と書いてあるからにはきっと暖かい地方で育つ植物の実なのでしょう。
しかし、例えば南国の果物の代表バナナやパパイヤ、マンゴーなんかが和歌山県北部で生産可能かと言えばそんなのは無理に決まっているので、地場産マーケットやっちょん広場に「南国の果物 ポポー」があるのはどうも奇妙な気がします。
それに「ポポー」ってのはなんだ。
果物の名前としてありえるのか?
いや、なんせ「南国の果物」なんだから、知らない言葉の知らない名詞なんだろう、変に思うのはぱなこが歳くって己の知らない世界に対して不寛容になっているということかもしれん、いかんいかん。

とかなんとかごにょごにょ考えながら、ひとまずその場は離れてその他の野菜を選びに行きました。
必要なものを買い物かごに入れた後、さて。
「南国の果物 ポポー」を買おうか買うまいか。
う〜ん、来週来たって売ってないかもしれんなぁ。
良くても悪くてもネタにはなるな。
後悔先に立たず、だ。買っとこ。

家に帰って「南国の果物」「ポポー」でグーグルand検索です。
あれ?役に立つヒットがないぞ?
じゃあ「ポポー」でどうだ。
おお、たくさんあった。
……なぬ、北米原産。
北米は南国?メキシコはぬくいがあれは北米だっけか?
……なぬ、耐寒性が強い。マイナスさんじゅうどでも平気だぁ??

全然南国の果物じゃないじゃん、おっちゃん!!!
道理で和歌山県北部でも収穫できるはずです。


e0024903_16254848.jpg
我が家のテーブルに置かれた「南国の果物 ポポー」改め「北米の果物 ポポー」です。
もの凄い匂いがします。
あま〜〜〜い匂いです。
バナナみたいな、腐りかけのナシみたいな、強烈な匂いです。
ちなみにぱなこは鼻が敏感です。
数時間経つと、ポポーの匂いに嫌気がさしてきました。
もういいや、早いとこ食べてしまわねば。


e0024903_16264068.jpg

晩ご飯のデザートに早速切ってみました。わくわく。
おお、柔らかい。スカッと切れたぞ。
皮はとても薄く、タネは黒くて大きくてちょっと柔らかめ。
それにしてもキツい匂いだなぁ。
とにかくスプーンですくって一口。


甘!!!んなんじゃこりゃ、あんま〜〜〜〜〜!!!!!
果物と聞いて普通に想像できる甘さの領域を越えておりました。
多少匂いの効果もあるかと思われますが、とにかく甘い。
そしてクリーミー。とろとろしています。
こんなにインパクトのあるお味だったとは、おそるべし「北米の果物 ポポー」

しかし、相変わらず臭い。
この匂いに耐えられるかどうかが「北米の果物 ポポー」を気に入るかどうかの分かれ道になりそうです。
ぱなこはさっさと食べかすをビニール袋に入れて口を縛ってポイしました。
ただ微妙にポポーの木が欲しかったので、タネをとっておいて芽出しを試みましたが、結局カビが生えてだめでした。
もしうまく芽が出たとして、果実が出来るほどになったとして、毎日窓を開けるとポポーの匂いがする…という生活には耐えられないような気がします。
そういう意味では芽が出なくて良かった。

どうせ毎日食べたいようなものではないです。臭いから。
でも、ぱなこの中ではあの甘さがすごく良い印象を残してしまったので、なんていうか一年に一回くらい食べてもいいかなぁ…とも思います。
[PR]
by panaco | 2006-01-28 16:38 | 食べ物
悪魔の箱、テレビ(その2)
ぱなこは、子供の頃動くおもちゃが好きでした(今でも)。
ぬいぐるみよりもダンプカー、人形よりもカエルのおもちゃ。
幼い頃、祖母がおもちゃ売り場で「好きなものを買ってあげる」というので車のおもちゃを指名したら、「本当にぬいぐるみじゃなくていいのか」と何度も念を押されて大変当惑したものでした。
おそらく祖母には女の子が車のおもちゃを欲しがるなんて、想定外のことだったのでしょう。

とにかく、動くおもちゃには目が釘付けです。
もしぱなこにジェンダー教育が為されていなければ、今頃Nゲージやリモコンヘリなどに金をつぎ込んでえらいことになってたかもしれません。

そして、どこの家にでもあるテレビ。釘付けです。
知らなかったことを教えてくれたり、笑わせてくれたり、ドラマが展開していたりします。
面白ければ釘付けは当たり前なのですが、つまらなければ消すかといえばそういうわけにもいきません。だって動いてますから。
こんなの見てても時間の無駄である、あとで虚無感に襲われる、と分かっていながらやめられないのはつらいものです。
まったく、バラエティで我先にと喋っている人々って皆さん躁状態なのでしょうか。声も身振りもツッコミぶりも、大げさすぎて交感神経に異常があるとしか思えません。

テレビの害についてはいろいろと取沙汰されていますが、その主たる害は中毒性にあると思われます。
タバコはその中毒性ゆえに時々悪魔の草と呼ばれますが、テレビも悪魔の箱と呼ぶのがふさわしいでしょう。

どうもぱなこは悪魔とのガチンコ勝負に勝てそうにないので、睡眠のところで述べたように一人暮らしの家にテレビを置かないことにしたのです。
もし置いていたら、我ながらかわいそうなことになっていたと思われます。
暗い部屋で目も口もぽかんと開きっぱなしのぱなこの顔がテレビの明滅する明かりに照らされる…とか、深夜番組にハマったあげく昼夜逆転で夜の渋谷を徘徊しているうちにヤバい人に声をかけられ転落人生…とか。あ゛ー、なんてかわいそう。
が、置かなかったおかげで睡眠時間は十分にとれ、内省にも時間をとれ、不愉快な番組を見かけることがなく、見たい番組を身損ねたと悔しい思いをすることもなく、とても落ち着いた毎日を送っています。
ニュースはネットで仕入れていますが、どうしても世の中の流れには疎くなってしまいます。
そのかわりといってはなんですが、たまにテレビを見ると意味なく騒いでいる人々がちゃんとつまらなく見えるので、メディアリテラシーのこころが養えます。すばらしい。

ついテレビを見ちゃう自分を不甲斐なく感じている方には、テレビとおさらばすることをおすすめ致します。転落人生を送る前にね!!
[PR]
by panaco | 2006-01-19 18:50 | 適応的に生きよう!(恋愛など)
悪魔の箱、テレビ(その1)
幼いとき、ぱなこは親に「テレビに映っている人からはこちらが見えない」と教えられても、いまいち納得できませんでした。
トマト君は幼いときからブラウン管テレビの原理を理解していたといいますが、ぱなこは普通の子供でしたから(普通より面白かったかも)、自分に出来るやり方で確かめたのです。

すなわち、テレビに映っている人にあっかんべーをする。
バラエティだとみんなゲームやおしゃべりに夢中でこちらのことなんか見えてても見ないかもしれないから、まじめにこちらを向いて一人で喋っているNHKのアナウンサーがターゲットです。
もしアナウンサーから私が見えていたら、真面目に喋っている時にあっかんべーなんかされたら怒りだすに違いないと考えたのです。
あるいは、あっぷっぷで私が面白いカオをしたら堪えきれずに吹き出してニュースを読み続けられなくなるのではないかと。
実にアサハカでいい考えです。
さすがに親兄弟には見られないようにこっそりやりました。
アナウンサー氏の目をみてなるべく真剣に、バカにしてみせたような記憶があります。

で、結果、もちろんアナウンサー氏は幼いぱなこの百面相にいささかの動揺も見せることはなく、「ああ、本当に向こうからこちらは見えないのだな」と納得できたのでした。
[PR]
by panaco | 2006-01-14 15:10 | 適応的に生きよう!(恋愛など)
お年賀
新年あけましておめでとうございます。

今年もなんとか週いちペースでやっていければよいなーと、ほとんど願望のレベルですが、ささやかな目標のもと日々ネタ探しに邁進する所存であります。
ツッコミや質問、お褒めの言葉など、心に浮かんだ感想がありましたらコメントをお寄せくださいませ。

マイナーブログではございますが、ご愛読のほどをよろしくお願い致します。
[PR]
by panaco | 2006-01-03 16:14 | その他


by panaco
プロフィールを見る
画像一覧
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
非exciteリンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧