倦まず弛まず

目指せプチ科学。馬鹿は馬鹿なりに考え続けるのだ!!
<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
棒グラフの中に斜線を引く(中級)
初級」に満足できなかった方は「中級」へ進みましょう。
念押ししておきますが、中級は慣れていないと時間がかかります。完結編も参照してください。

スウォッチにパターンを新しく作って塗りたい面に適用する、という全体的な流れは初級と同じです。初級の方法にはいくつか難点がありまして、中級ではその解決を目指します。その難点とは「パターン同士がつながらない」(下左の図、下右は線と線の間の拡大図)ということとか、「線の間隔が自由に決められない」とか、「メモリを節約する余地がある」とかです。
e0024903_14533252.jpge0024903_137572.jpg
「パターン同士がつながらない」
「線の間隔が自由に決められない」
これは同時に解決します。バウンディングボックスとかいうものを使うのです。直訳すると「境界箱」ですかね。この箱の内側だけをパターンとして登録させてね、ということを指定するための四角です。「最背面にある四角」は、正方形だろうが長方形だろうが、バウンディングボックスとして機能するようにできてるらしいです、イラストレーターっちゅうものは。
1、まず、2cmの正方形を描きます。この正方形がバウンディングボックスになります。
2、次に、3cm45°の斜線を描きます。5本でも7本でも(ただし奇数がいいです)、好きな本数描きます。コピー&ペーストで増やしてもいいし、「option+→」でもいいし、適当にお願いします。
3、描いた正方形と斜線をおおざっぱに配置します。斜線を一本、正方形の左上の角に線の右上が接するように置きます。もう一本の斜線を正方形の右下の角に線の左下が接するように置きます。残りの斜線は先に置いた2本の斜線の間、バウンディングボックス上に置きます。斜線を全部選択して(バウンディングボックスは選択しない)まずは下端をそろえます(上端でもOK)。このとき注意したいのは、「下端揃え」っていうのは「一番下にあるオブジェクトに合わせてほかのオブジェクトを引き下ろす」って意味だってことです。下端が揃ったら、左端を基準に等間隔で整列させます(今回は全部同じ長さで同じ角度の斜線なので、右端や中央を基準にしてもOK)。だいぶいい感じに並んで来たことと思います。
e0024903_1375620.jpg

4、おおざっぱに並べた斜線を厳密に並べます。上図の赤丸で囲んだところをマキシマムに拡大して、斜線とバウンディングボックスの角が正確に接するように斜線を移動します。ただ単に移動するだけじゃなくて、「水平に」移動させてください。さっき揃えた下端がずれてしまわないようにね。このとき、ウィンドウメニューからアートワーク(または⌘+Y)を選択して線だけの表示にすると、作業をやりやすいです。グリッドラインを表示させてやるともっといいかもしれません。ちなみにアートワークから元のプレビューにはもう一度⌘+Yを押すと戻ります。
5、バウンディングボックスの左上と右下の角が、斜線ときっちり接するように置けたら、もういちど等間隔に並べ直します。全部の斜線を選択して、先ほどと同様に左端を基準に等間隔で整列させます。さて、真ん中の斜線はバウンディングボックスの対角線になっていますか?バウンディングボックスは正方形で斜線は45°、斜線の本数は奇数のはずなので、真ん中の線は対角線にぴったり一致するはずです。
6、最後の仕上げです。バウンディングボックスを塗りも線もナシにし、かつオブジェクトメニュー→アレンジ→「最背面へ」移動します。きちんと並んだ斜線たちとバウンディングボックスをまとめて選択して、スウォッチウィンドウへドラッグ&ドロップします。グループ化とか必要ありません。バウンディングボックスさえ最背面にあればその中の線だけがスウォッチに登録できます。できたパターンを任意の図形に適用してみてください。出来映えはどうでしょうか。

メモリのことは私にはよくわかりませんが、イラストレーターのヘルプを見ると2cm程度のバウンディングボックスがいいらしいです。

(この記事は親愛なるトマト君の指導を参考にして書きました)
[PR]
by panaco | 2005-07-29 15:00 | 理系のためのイラストレーター
棒グラフの中に斜線を引く(初級)
(私はMac OS10.3上でR2.1.1を使ってグラフを書き、Adobe illustrator10で編集しています。イラストレーターで編集したいなら、Excelを使ってはいけません。Mac上ではエクセルとイラストレーターは非常に仲が悪いので、やりたいことがまったくできません。Windows上ではエクセルとイラストレーターはそこそこ仲が良いようですが、いかんせんExcelがお高くとまっているので時々けんかしてしまいます。イラストレーターにもグラフツールがありますが、描けるグラフの種類が少ないし、データを移さないといけないので使ってみていません。)

積み上げ棒グラフなどを書いた時、斜線やドットで棒の中を埋めたい場合があります。グラフを書いてくれるソフトウェアでは、色分けはやってくれますけど斜線を引いてくれるようにはなってないもんです。
この作業は、スウォッチを使います。数多く出ているイラストレーターのウィンドウを見渡して「スウォッチ」ウィンドウが出ていない場合はメニューバーからウィンドウ→スウォッチと選択してウィンドウを出しておいてください。ちなみにスウォッチウィンドウはナビゲーターと一緒のウィンドウです。

「見栄えもパフォーマンスも気にしない、とにかくぱぱっと斜線を引きたいんだぁ〜!!」

ハイ、心の中でそう叫んでいるアナタ。作業はめちゃめちゃ簡単です。1分ありゃーできます。

1、まずはパターンを作ります。ツールの中から直線ツールを選択しましょう。

2、任意の角度、任意の長さの線を1本引きましょう。棒グラフの幅を少し超えるくらいの長さで30°が美しいように思います。あ、長すぎてはだめですよ。長すぎると大きすぎることになって、斜線の間隔が広くなってしまいますから。

3、引いた線をスウォッチウィンドウにドラッグ&ドロップします。これでパターンができたはずです。今引いた線のちっこい絵がスウォッチウィンドウにできていたらうまくいっています。

4、いざ、グラフに斜線を入れましょう。(i)斜線を引きたい四角を部分選択ツール(白矢印)で選択し(ii)スウォッチウィンドウに新しく作った線のパターンをぷちっとクリックします。このとき、ツールウィンドウの中の「線」じゃなくて「塗り」を選択しておかないと四角の枠線が点々になってしまいます。どう、できたかな?


「こんなんじゃやだ!!見栄えもパフォーマンスも気になるんだ〜!!!」

と思ったアナタ。わがまま言ってはいけません。見栄えやパフォーマンスなんか気にしている暇があるんですか?どんなにスムーズにやったって、30分はかかりますよ?慣れてなければ1時間は余裕でいきますよ?そんなしょうもないことにこだわってるからいつも間際王になるんです。
…時間はたっぷりある?しょうがないなぁ、じゃあまた今度書きましょう。

(この記事は親愛なるトマト君の指導を参考にして書きました)

(追記)中級編完結編を追加しました。
[PR]
by panaco | 2005-07-18 15:28 | 理系のためのイラストレーター
カタツムリはきゅうりがお好き2
カタツムリはきゅうりにありつくと、食べることに無我夢中になります。お腹いっぱいになって眠くなるまでは、食べ続けます。よほどのことがない限り、きゅうりを手放しません。手がないのに手放さないとはこれいかに。
とにかく、たとえ他人に迷惑をかけても手放しません。
e0024903_13394588.jpg
上に乗られた方はかなり重いと思います。振り払おうとしているのか、どんどん上へ登ります。「なんなんだよぉ、こいつはよぉ」とでも言いたげです。でも、肝心の乗っかっている方はきゅうりに夢中なので、自分の足場が良くないことを全く気にしていないようです。重みでよじれちゃってる体が痛々しいです。それにしても意外と力持ちなんですね。


e0024903_13444573.jpg
もっともっと登ります。いくら登っても問題の解決には程遠いようです。
結局、この状況は乗っかっている方がきゅうりを取り落とすことで解消されました。きゅうりを追いかけて降りて行ったからです。

…心底好きなんだね、きゅうりのこと。
[PR]
by panaco | 2005-07-18 13:56 | 生き物
カタツムリはきゅうりがお好き
カタツムリは、「きゅうりほどうまいもんはない」と思っています。(間違いありません)

きゅうりの皮からこそげて食うヤツと、内側にもぐり込んで内側をくり抜くように食うヤツがいます。
カタツムリは、「くぅ〜〜、外側もうまいが内側もこたえられんな〜」と思っています。(間違いありません)e0024903_1584362.jpg

時には内側に頭をつっこんだまま眠ってしまいます。
そんなときは、やっぱり夢の中でもきゅうりを食べています。天国です。(間違いありません)

写真はヒダリマキマイマイです。カラーリングはアメリカマイマイに似ていますが、左巻きなのでヒダリマキマイマイです。アメリカマイマイは右巻きです。巻き型を決定する遺伝子はひとつだけだと80年もの間考えられて来たようですが、近頃その説は覆されつつあるようで(学振のページ)。とにかく、アメリカマイマイが突然変異で左巻きになった可能性よりもヒダリマキマイマイのカラーリングに変異があった、というほうがありそうな話なのでこの子はヒダリマキマイマイです。間違いありません。残念ながらこの子は昨日本当の天国へ行ってしまいました。合掌。
[PR]
by panaco | 2005-07-16 15:10 | 生き物
ブログを始めるにあたって
リンクとトラックバックについて:
基本的にリンクフリーですが、アフィリエイト色の強いブログや記事に関係のないブログからのトラックバックは勝手に切る可能性が高いです。
トラックバックをつける際には、記事の内容について感想を頂けると嬉しいです。

ぱなこの名前の由来:
小学生の頃、
「やりっぱなしのぱなこちゃん、出しっぱなしのぱなこちゃん」
と、揶揄されておりました。そりゃーもう、部屋の汚いことと言ったら。布団は怒られるまで敷きっぱなし、教科書、本、プリント類、衣類、ティッシュなどが足の踏み場もなく散乱して、布団を上げるとようやく足の踏み場が現れる、って感じで。衣類やプリント類の下には何が落ちているやら分かりませんから、迂闊に足を置くことは出来ません。隙間を見つけて足先で隙間を広げながら歩くか、教科書を踏んづけて歩くかです。教科書は柔軟性が低いので、その下に何か壊れるようなものがあれば不自然に傾いて一目で分かるのです。つまり、飛び石がわりってことですね。そんな有様で掃除なんて出来ようはずもありません。一ヶ月やそこら掃除した覚えがないなんて普通のことだったので、小学3年生くらいのときにハウスダストのアレルギー性鼻炎を発症し、以来小学校生活はマイ・ティッシュ箱を小脇に抱えてのものとなりました。

しかーし。
そんなぱなこも、成長するに従って乱雑な環境がいかに元々高くない己の能力を引き下げているかを理解し始め、今では(比較的)合理的に整頓された環境を作り出すに至ったのだとさ。めでたしめでたし。

いや、実はありますよ、今でも。ご飯をわっせわっせと作って、わ〜できた、お箸もお皿も全部出揃って準備万端、さあ食べよう。と思いながら台所にふと目をやると、戸棚の扉と引き出しが全部開いてるの。どうして開けっ放すのかということについてはどうせまた開けるのに閉めるのが嫌だとか引き出しが木でできていて出し入れするたびに木屑が落ちるのが嫌だとか引き出しが出ている時に引き出しの下の扉が開いているとその上に引き出しが丁度乗っかって具合がいいだとか開け閉めするたびにバタンバタン音がするのが嫌だとかいろいろありますが、要は「めんどうくさい」んです。扉の開けしめすら面倒がるようなぱなこが整理整頓できるようになったわけは、、、おいしそうなご飯の前に落ち着けたおしりを「よっこらせ」と持ち上げて、ばたんばたん、がー、と扉と引き出しを閉めてから晴れて食事を開始する、ということを厭わないことにしたから、でしょうかねぇ。だってぱなこがぱなこのまま年をとると、ぱなばばあになってこれは前から見ても横から見ても立派な「おばはん」と呼ばれる生き物ではないですか(もしやそれ以下)。わたくし、おばはんにはならないと固く決心をしておるのです。えいえいおー。

なんだか「ぱなこ」の由来の話を書いていたら話が長くなって来て、こんなしょうもないことを書いていていいのか自分、という気持ちが芽生え始めたのでもうやめよう。要はそう呼ばれていたことがあるって話です。

ちょっとだけ所信表明。
ニュースを横流しして「こんなこと書いてあるけどどうなんだかねー」みたいなブログはつまんないので、そんなのにならないように気をつける。
自分の抱えている問題や、私的に付き合いのある個人に対する不平不満を書かない。他人に自分の問題解決を頼もうとは思わないしあとで読み返すと気分悪いのがぶり返すから。
なにかしら自分と他人様の役に立つような、読み返しに耐えるようなブログを目指して、ブログ始めたものの放りっぱなしのぱなこにならぬよう、気をつけたいと思います。
[PR]
by panaco | 2005-07-13 15:55 | はじめに


by panaco
プロフィールを見る
画像一覧
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
非exciteリンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧