倦まず弛まず

目指せプチ科学。馬鹿は馬鹿なりに考え続けるのだ!!
鉄のフライパンLOVE♪
明けましておめでとうございます。

この年末、フライパンを買いました。
ええもん買ったわ〜♪と大満足です。
見よ!!この美しい輝き!

e0024903_16391456.jpg

写真の通り小さい方は青〜緑がかった銀色、大きい方は赤〜ピンクがかった銀色。
小さい方が直径20cmでオムライスを巻けるくらい、大きい方が26cmで中くらいのハンバーグを4個焼けるくらい。

「フライ返し使えます!!」って書いてあっても、テフロンは数年のうちにハゲてくるんですよねぇ。
卵はこびりついてどうしようもないし、魚の臭いも取れなくなっちゃった、けどガシガシ洗うわけにもいかないし、ところで同じ頃に買った鉄製の中華鍋はひとりきれいなままだなぁと。
6年くらいで3枚のテフロンフライパンがダメになったけど、この調子で新しく買って捨てるのは、もう止めにしたい。
母が鉄製のフライパンを買い替えたのは見たことが無いので、鉄製が長持ちするのは間違いない。

というわけで近所のホームセンターへ探しに行っても、鉄製のフライパンなんて選べるほど種類が置いてないんです。
しかたないので難波の道具屋筋へ。ここならたくさんあるはずだ!!
プロ向け厨房機器屋をいちいち見て回って、品物と値段をメモ。
びっくりよー、一店につき数種類の鉄製フライパンが(もちろんテフロンもたくさんあるけどアウトオブ眼中)それぞれの値段で売られていて、しかも店によって違うのが置いてあって、何を基準に買うのかわけがわからん。
もうどうでもよくなってきた頃に、縁と底が厚くサイドは薄めに作ってあるというフライパンを見つけました。
他のに比べて断然軽くて気に入り、それで決まり。
オムレツやオムライスを作るために手に持って使う小さいのと、チキンソテーやハンバーグや餃子♪を焼くためにコンロに置いたまま使う大きいの。
2枚で約2500円。

家に帰って早速ヤキを入れます。
錆び止めのコーティングを焼いて取らないといけないらしいです。
今回続けて2枚焼いて体得したコツは、

「男らしくやれ!!」

です。
ビビってはだめです、チンチンに熱くなるので不安は分かりますが、途中で火を弱めちゃだめです。
弱めたらすぐにフライパンの温度が下がり始めるので全行程強火でお願いします。
もちろん目を離してはいけませんが、家庭用のコンロでは鉄は溶けないですから(よっぽど長時間熱したら知らないよ)、安心してください。

1、換気扇をゴーゴー回しながらコンロでカンカンに焼くと、銀色1色だったのが黒くなり、煙が出て、そのうち青白い乾いた感じの銀色に。
その青白い色がじんましんのようにフライパン全体に広がったら加熱終了です。

※面積が広い中華鍋を焼くのはすごく時間がかかったような記憶がありましたが、フライパンは大きめのでも割とすぐでした。

2、しばらく放置して冷めたら、焼き切れなかった縁ちかくを紙ヤスリでこすって黒いのを取り除いて、コーティング取り終わりです。

3、ざっと洗って要らない布で拭き(まだひどく錆びが付くので)、もういっかい火にかけます。
またフライパンの色が変わり始めるくらいにアッチッチになったら、新しいきれいなサラダ油を入れて全体になじませ、要らない野菜クズを炒めて臭いを取り除きます。

これで冷めると写真のような、ピカピカの銀色なんだけど虹色という絶妙な色合いになって惚れ惚れします。
この色は今だけ。使っているうちにだんだん落ち着いて普通の黒と焦げ茶の間みたいな色になってしまいます。

鉄のフライパンって錆びるんじゃないの?焦げ付くんじゃないの?とご心配の方。
上記の1〜3の行程をちゃんとこなせばそういう心配は、ありません。
前に見たガッテン情報によると、3の行程でフライパンの表面に樹脂膜ができるらしいです。
油が熱くなりすぎて、樹脂になってフライパンに均一にくっつくんですよ。
一旦くっついたらなかなか剥がれないものなので、洗剤で洗っても取れないし、錆びない。
から煎りしても焦げ付かない。
ただし、たわしとか磨き粉でガシガシ洗えば剥がれるので、そういうときはもう一回3の行程をやり直し。
あと、毎回使う前にはなるべく3の行程を踏襲するように熱々にしてから油をひいて、樹脂膜を補強してやる。
これがいわゆる「馴染む」ってやつですね。
本当にマーブルコートもびっくりの卵滑り具合ですよ(大げさ)。
しかも10年でも20年でも使える。
もし失敗してひどい焦げが付いちゃったら、煮て削ってもう一回3の行程。これで復活。

あと、持ち手(柄)がやはり鉄ですが十分に長いので調理中はまったく熱くないです。
素手で持てます。
コーティングを焼き切るために強火で熱してる最中でも先端は熱くなかったよ。
もちろん根元は熱いので注意が必要だけど、それは普通の鍋でも一緒。

今晩はこのフライパンでハンバーグを焼きます。
フライ返しでガシガシやってひっくり返します。
おいしくできるといいなぁ。
[PR]
by panaco | 2009-01-11 16:53 | その他
<< 蜂蜜酒(ミード Mead) 目が見えるとはどういうことか〜... >>


by panaco
プロフィールを見る
画像一覧
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
非exciteリンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧