倦まず弛まず

目指せプチ科学。馬鹿は馬鹿なりに考え続けるのだ!!
ご禁制の品
わしゃわしゃと自己主張のやかましいクマゼミのせいで、ただでさえテンションの低い朝の会話がなおのこと困難な今日この頃。

7月30日は土用の丑の日すなわち鰻の日らしいですが、鰻はうちでは「第二種ご禁制の品」でありすぐにも「第一種ご禁制の品」へ昇格しそうなので、多分しばらくは食べないと思います。

ご禁制の品には第一種と第二種がありまして、第一種に定められているのがタラバとかズワイなど大型のカニ。
第一種は「絶滅しかけ、なのに乱獲継続中」の生き物が指定されます。
ロシアに住んでいればキャビアも第一種に指定されることでしょう。

第二種に定められているのはエビです。特に安いエビ。
あと、外国から輸入されているタコとか。
第二種は「その生き物をとることでそこの海をひどく荒らしている恐れがある」ものが指定されます。

第一種に指定された生き物はうちでは“購入してはいけない”ことになっています。
ま、カニ大好きだけど食べなくても死なないし。
カニカマ大好きだし。
よそから頂いたカニは「仕方ないので」むさぼり食べます。
お一人様にカニ一匹お付けします!っていうのがウリの旅館では、カッスカスの身がちょろりんと入ったカニが一匹出たりして、あの頃からですよ、ぱなこがカニというだけで有り難がるのは止めにしようと思ったのは。
一泊2万円以上するその有名旅館では、カニなんかよりもブリ大根がちょーうまかった。
カニの代わりにどんぶり一杯ブリ大根をくれぇ!!と叫びたかった。
カニが絶滅しかかっていると知る前までは、ぱなこもカニ食べ放題ツアーへ出かけたりしておりました。
でも、食べ放題だと思うとカニの扱いがぞんざいになっちゃうんですよねぇ。
「足3本だけ!!」と制限されたならツメの端っこまでほじくりかえすのに、食べ放題だとカニが小さいこともあって肉の多いとこしか食べなかったりしました。ごめんねカーニさん。
…ちょっとまって!ぷれいばっく!!
「食べ放題だとカニが小さいこともあって」ってこれすごく問題アリですよね。
小さいカニは安く仕入れられる→売る方にしたらたくさん売らないと利益が出ない=小さいカニを取りまくる
小さいカニってのは要するに大きくなりきっていないということで、まだ子供か若造と呼べるくらいしか生きていないということでしょう。
子孫を十分に残せていないのに死んじゃう、ってことはつまりどんどん絶滅に近づくってことです。
やだなぁ、将来にわたって美味しいカニが穫れる海であって欲しいですよね。

そして、第二種に指定された生き物はうちでは“みだりに購入してはいけない”ことになっています。
「エビ」「養殖」で&検索かければ何がいかんのかお分かりになるかと思いますが、要するに遠い海で採れたものがどこのスーパーにも大量に並んでいるのはなんか変だということであります。
2年ほど前は輸入タコはモロッコ産ばっかりだったのに、モロッコ産は穫り尽くされて今や中国産メインで時々モーリタニア産です。
金に飽かして買い漁り、ここで採れなくなったら次はあっち〜ってヒドいと思うのです。
だからよっぽどタコを食べたくなったら少々お高くても明石産を買うのです。
北海道の水ダコでもいいかもしれないですけど、ちょっとでかすぎてコワイ。

ウナギについては、先日ワシントン条約で輸出入が大幅に制限されることに決まりました。
これも要するに「今のまま放っておいたら絶滅必至」ってことです。
それに加えて昨今の中国製品不信のおかげで中国産うなぎの需要が減っているとか。
ただでさえウナギロンダリングが問題になっているのに、こうなっては中国産のウナギが国産と偽って売られることが増えるのは間違いないでしょう。
ちなみにウナギは青じそと海苔と炊きたてのご飯で食べるのがウマいです。
あといつか絶対名古屋でひつまむしを食べようと思ってます。

他に気になっているのはホッケです。
10年ほど前は、たまに居酒屋で見る程度だったのがいつの間にか居酒屋の定番メニューになってしまいました。
そして、30cm以上もあるびろーんとでっかい体がホッケの身上だったはずなのに、今年スーパーで見るほっけの干物は20cm程度だったりします。
不憫です。
あーあ、バカスカとってバカスカ消費する、なんとかならないのかなぁ。
[PR]
by panaco | 2007-07-31 00:47 | 食べ物
<< 夏のおすすめスリッパ、ぞうり ようやく発見されたパキラ(祝) >>


by panaco
プロフィールを見る
画像一覧
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
非exciteリンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧