倦まず弛まず

目指せプチ科学。馬鹿は馬鹿なりに考え続けるのだ!!
やっちょん広場2006年10月末
こんにちは、ぱなこ@倦み過ぎ弛み過ぎ です。
ネタはあるのですが記事にまとめる気力が足りなくて、ご無沙汰しております。
今回もやっちょん広場の話でお茶を濁そうかと…

最近、やっちょん広場にはあまり変なものがありません。
今年はポポー(過去記事参照)もないし、あけびもない…
今大量に出ているのは柿とみかん。おんしーずん。
やっちょん広場の自動ドアをくぐると橙色の世界が広がります。
ほうれん草とか水菜も大分増えました。
わっさーと、いつもの鍋に入らんのじゃないかと心配になるくらいの量が1束として売られています。
あー…昨日買ってきたほうれん草と菊菜とブロッコリーを茹でんといかん
ブロッコリーもあほほど立派ですよ。

そこらのスーパーであまり見ないもので最近やっちょん広場に多く出ているのは、間引き菜ですかね。
ファーマーズマーケットならでは、でないでしょうか。
ちっこいカブや大根がついていたりして、ちょっとお得感があったり。

でっかいことで一番目を引くのは冬瓜です。
e0024903_11413328.jpg

左端に写っているカートを参考にしてもらえれば大きさが分かるかと思います。
L寸のスイカより大きいんじゃないか。
冬瓜って中華スープくらいしか用途を知らないのだけど、どうやってこんだけ食えと言うのでしょうか。
あ、今気がつきましたが冬瓜の上に紙が貼ってあるので、それに調理法が書いてありそうです。
こういうの大事よね。
簡単なレシピがついてるのとついてないのでは、絶対ついてる方をえらぶよね。
でもこんな重そうなの、持って帰りたくねー…憧れはあるけど。

あと、米買いました、新米。
遠くのブランド米は銘柄や、新米・古米の区別が正しく表記されていない事があると聞くので、ぱなこが買うのはなるべく地場産米です。
遠くの米の場合:遠くの農家→遠くの農協→?流通ルート?→小売店
近くの米の場合:近くの農家→近くの農協(=やっちょん広場)
介在する人が少なければ嘘や間違いが起こりにくく、かつ値段も安かろうという理屈です。
地場産米はキヌヒカリが多いようですが、やっちょん広場のキヌヒカリは上納米と普通の2種類あって、上納米は450¥/kg、普通のは350¥/kg。
上納米は遠くの米のコシヒカリより高かったですよ。
そんなにおいしいのかな??
でもぱなこはコメの目利きじゃないので安い方で十分。
割れ米が少し混ざるけど、その場で精米してくれたので十分おいしいご飯が炊けました。

米を米びつに移してから気がついたけど、米袋がかわいい♪
カッパとトリがパステル調です。
e0024903_11504222.jpg

[PR]
by panaco | 2006-10-29 12:02 | 食べ物
<< 遠視 エピソード編 暇な時間 >>


by panaco
プロフィールを見る
画像一覧
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
非exciteリンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧